2006年03月09日

女(性転換)までの道のり

2)手術申し込み

 性転換手術をするには何通りかあると思うの

1)国(厚生省)指定のGID(性同一性障害)認定できる病院で行う

2)国内の一般病院(美容外科など)で行う

3)海外の病院で行う

*2)に関しては現在の法律上無理<あるみたいだけどね・・・>
 多分この3パターンが代表的だと思うんだけど。

 私の場合は3)海外の病院で行うを選んだの。
ただ、海外の病院なんて行った事もないし、
性転換手術なんかしている病院なんて聞いた事も無いのが現実問題。
なんとかネットで調べて、大阪にある“アクアビューティ”という会社に辿りつたの。

 その会社は、タイの病院と提携していて、美容整形をメインとして扱っていて、
そのメニューの中に性転換手術(mtf/ftm)があるんです。

 私は迷わずすぐに連絡を取ったんだけど、
最初は期待と不安でドキドキだったのを今でも覚えてるわ。
でも不安なんてすぐにどっかいっちゃたけど。
すごく丁寧に応対してもらえるし、常に私の精神状態を考慮して接してくれたんです。
(今から思うと、商売っ気ないなぁ〜って・・・)
それから何度か連絡を取り、色々な相談や質問などを繰り返して
“アクアビューティ”さんに決めたの。
決定してからはすごくスムーズに事は運んで行ったわ。
私がすることは、パスポートの用意とかかりつけ病院の推薦状ぐらいであとはお任せ。
あっという間に渡航日が来たの・・・

 朱理から一言
 注意事項というか補足なんだけど、
現在女性ホルモン剤など簡単にネットで手に入れて
摂取してしまう人がいるみたいなんだけど、
私はどうなの?って思っています。
何故なら“アクアビューティ”さんのような
性転換手術をコーディネートしてくれる会社で、
商売とはいえその点はかなり慎重になっているし、
タイの病院でも手術を行うためにはガイドラインがあるみたいです。

 実際のところ、ホルモン剤などは本人の自由だとは思いますが、
 ・後戻りが出来ないこと
 ・これからの自分の人生を変えてしますこと
 ・周囲(親・兄弟)の人たちへの影響
この点を考えれば、たとえホルモン剤とはいえ、
簡単に摂取しないほうがいいと思います。
内容的は手術をしたのと一緒だと思うよ・・・


性転換や豊胸手術など詳しくは、 アクアビューティさんへ

アクアビューティは国内唯一の海外美容整形のパイオニア
aqua_logo1.jpg

http://www.aquabeauty.co.jp/index.html
アクアビューティ事業部(海外美容整形事業部)
大阪市中央区博労町2-6-7池田ビル7F
06-6252-9966
営業時間AM9:30〜PM6:00








posted by ジュリ at 00:20| Comment(35) | TrackBack(2) | 女(性転換)までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

女(性転換)までの道のり

1)きっかけ

 まず性転換しようと思ったきっかけからお話ししますね。

 私がこの世界に入ったのは名古屋で今からちょうど5年前かな・・・たぶんね^_^;
最初はお化粧するにしても下手で、ただの化け物だったのを今でも鮮明に覚えてるわ。それがだんだんと様似なってきて、普通に外も歩けるようになったわ。

 その頃にはホルモン剤(女性ホルモン)を摂取していて、胸が膨らんでたわ。
そんな自分にかなり満足していたんだけど、なにか物足りないと言うか、
不安と言うか・・・そんなジレンマにずっと陥っていたの。
 そんなジレンマと戦いながら2年3年と経ったかしら、
私は名古屋から北海道に来ることになって、新天地で頑張り始めたの。
でもそこは北海道、なかなかニューハーフなんて見たことも聞いたこともって人たちばかり。そんななかこんな事言われたの、「結局脱いだら男だろ!」って。最初はお客さんだったし気にはしてなかったんだけど、時間が経つにつれて、なんか腹が立ってきて「じゃぁ付いてるものが無ければ女なのね!」って思うようになってきたのよ。でもそんな気持ちで性転換するなんて不順だし、自分の気持ちは女だから今のままでもいいのよって思うようにしたの。

 そうこうしてるうちにあっという間に1年が経って、ある男性と出会ったの。
その男性はもちろんニューハーフなんて見たことないし、会ったことも無いんだけど、
すんなり私を受け入れてくれて、自然に付き合うようになったの。
付き合ってから何ヶ月かして、その男性が私を女と見てるしそうとしか見えないけど、
知り合いとかには言えないよなって・・・
そんな一言が私の燻っていた気持ちに火をつけたの。
いずれ性転換は考えていたんだけど、一度火が付いた気持ちには歯止めが利かないわ。すぐに性転換手術の申し込みをしたの。

 でも誤解はしないでくださいね。
私はただ単にその一言だけがそう仕向けたんじゃないって、
いずれは周りは関係なく手術していたのよ。

 次は性転換申し込みについてなんか書きますね。
 
posted by ジュリ at 16:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 女(性転換)までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。